名古屋市役所が、2015年度から、歌手や音楽バンドを対象としたオーディションを定期的に開き、合格者に公園や広場などでライブを開く認定証を発行するという。15年度当初予算案に関連事業費520万円を盛り込んだ。

 路上あがりのバンドは多い。でも、自分たちが好きなところで演奏するのがだいご味があるのを、指定されたところで「さあ、どうぞ」と言われてライブをするのか、だ。

 オーディションは今年夏ごろに開く。ジャズ、ロック、演歌、ギターの弾き語りなどあらゆるジャンルで受け付ける。住所や年齢、プロかアマチュアかも問わない。15年度は数10組の合格者を選ぶ。

 提供する演奏場所として栄の久屋大通公園の一角や大須商店街の広場、市営地下鉄伏見駅の通路など。名古屋駅周辺でも探す。企業にも場所の提供を呼び掛け、演奏場所を増やす。専用のウェブサイトも開設する。